須山奈津希さんからのDM

当店のバナーを制作していただいた、イラストレーターの須山奈津希さんから個展のDMをいただきましたので、お知らせをさせていただきます。

去年の個展もお伺いさせていただいたのですが、個人的には”生と死”を感じるようなイラストが多かった印象です。

でもしかし、そんな印象を持ちながらも、イラストに描かれた人たちは、皆すべての方が愛に溢れていました。

それも、須山さん自身が、それ以上の愛をもってそのイラストを描かれたからこそなのではないでしょうか。

今回の展示会では、作家の須山さんご自身の”身体性”に着目されて描かれているそう。

自分が思うに、去年のイラストは、グーッと描く対象に近寄れるだけ近寄ってイラストを描かれていたと思っているのですが、今回は、まず自分(の身体)を通して、そこから、”自分がどう思ったか”、”どう感じたか”を大事にして対象を描く。

そのような意図があるかと思っているのですが、どうでしょうか。

そのあたり、自分も個展にお伺いして、拝見させていただき、お話も聞けたらなと思っています。

蛇足ですが、須山さん、最近は、個人的にもとても好きなスピッツさんのミュージックビデオのアニメーションのイラストを担当されたそうです。(すごい)

お近く、またはそうでなくとも、ご興味のある方はぜひぜひ。

個展の詳細

須山奈津希個展[monochrome]

重さ。温かさ。匂い。誰かが感じたであろうこと。
それを想うだけで、自分の輪郭がくっきりとしはじめる。
生の感覚が、私にも宿る。

イラストレーター 須山奈津希、三回目の個展をご案内します。
本展では、これまで目を向けることのなかったという作家自身の身体性を対象化し、他者の知覚や記憶に思いを馳せることをテーマとした新たな連作を発表します。

個展の日程

2017年
11月23日(木) – 12月3日(日)
12:00 – 19:00 火・水曜定休

個展が行われる場所

Knot Gallery
〒130-0026
東京都墨田区両国3-16-11
knot.ryogoku@gmail.com
knot-gallery.com

須山奈津希さんのWEBサイトはこちら