お箸をお取り扱いさせていただいている、etの平井岳さんに当店をご紹介していただきました。

工房etさんのサイトはこちら。

工房名である、「et」は、「&」を意味しているそうです。

平井さんは、美術大学を卒業された後、漆工房へ弟子入りをされて、

「作家であること」と、「職人であること」

の両方を体感し、また、その違いを実感された後、その二つの要素を繋ぎたい(et)ということで、工房をスタートされたそうです。

当店での取り扱いは、今のところお箸のみ。
高級というイメージが強い漆ですが、まさに、使うために作られたという印象の、普段使いにピッタリの作品です。
※蒔地(まきじ)という、漆を塗った上に地ノ粉と呼ばれる珪藻土を蒔きつけて仕上げられたお箸なので、余計にそう思うのかもしれません。

今回、注文が立て込んでいて非常にお忙しいところ、無理を行ってお取り扱いさせていただきました。
是非、手にとっていただきたい作品です。

作品一覧はこちら 

写真は当店でお取り扱いさせていただいている、黒の蒔地箸。