題をもう少し正確に言うと、 “正し過ぎることは正しくない” ということになるのかなと。

こんなことを言い出したのも、先日、実家でテレビを何気なくつけて見ていたら、嵐の櫻井くん(さん?)が車椅子バスケに奮闘する新春ドラマを見たからなんですよね。

主人公を演じる櫻井くんは、事故にあって車椅子バスケを始める前はプロのサッカー選手という役どころ。

競技は違えど、元々の身体能力が違うんでしょうね。

チームメイトに対して、こうしろあーしろ、なぜ出来ないの?オレの言うとおりにやれば全部うまく行くのに…という、かなりゴリゴリのリーダーシップ(?)を発揮してしまうんですが、当然チームメイトの反発は強く、しまいには、

「お前は正しすぎるんだよ!」

何気なく見ていただけだったんですが、もう、ガツンときましたね。。

正し過ぎるかぁー。

正しいって事は、それだけですごく力があるんですよね。
正しいというだけで、相手を言い負かせてしまう。

自分を正当化するために、正し過ぎる事になっていないだろうか。

結構なっている気がするな…(汗)

自分を戒めつつ、引き続き頑張ります。
それではまた。

写真は、馬渡新平さんのリム皿。洋風な形に和の佇まいがオシャレ。