一日一花について

花を生けるとは、一体全体、どういうことなんでしょうかね…。

“生ける”

花を選び、剪定し、その姿を変質させ、水の入った花器にそっと入れる。

ただただ、事実としては、そのような行為は、

花の生命を絶っているのではないか?

と、思ってしまう自分もいるのですが…。

我ながら考え方が暗いですね(汗)

~~~

さて、この本。一日一花。

毎日ひとつづつ花を生け、それを日別で一年分収めたものです。

これが、とっても良い。

『形が良い』と、剪定はせずに、野草、または野花そのままで生けているものもあります。

その写真からでも伝わる(もしかしたら写真だからこそ伝わる?)、生命力たるや、すごいものがあります。

前に出ること無く、後ろに下がることもなく、ただそこに存在する花たち。

花を(人間が)求める美として確立させる事は、それはもしかしたら人間のエゴなのかもしれない。

ただ、摘まれ、剪定をされ、花器に生けられたこの花の美しさは、とても胸を打ちます。

この、花人である川瀬さんが生けた花に、もしも意識があるとするならば、生けられた後には一体何を思うのだろう。

『生ける』というのは、花に新たな生命を吹き込むことなのかもしれないな。

と思いました。