展示会の様子

日々、作家さんの作品を販売させてもらう中で、写真を撮り、説明を書き加え、またそれを修正、また修正と繰り返していく訳ですが、

『作品を(販売するために)紹介するって事は、売れるように写真撮ったり、説明をしたりするのか?
紹介するって言うことは、その作品の良さを自分で勝手に決めつけてるんじゃないか?』

ふと、こう思うときもある訳で…

まあでも、事実そうですよね。

自分が良いと思っても、それが買っていただくお客様の良いなと思う点とは違うだろうし、実際に制作されている作家さんの意図とも違うでしょうし。

非常にバランスを取るのが難しいです。

この辺り、

『いや、この作品はここが良いんだ!』

と一種の開き直りを持ってして全力でオススメをするか、もしくは事実だけをつらつらと述べて行くか。

どっちも微妙な気もします…

大事なのは、扱わせてもらっている作品と作家さんに対する敬意に加えて、作品に対する熱意と冷静さ。

これな気がするな。

熱意と冷静さ。一種の矛盾を抱えつつ、悩みながらシャッターを押し、キーボードを叩ければいいなと思います。

~~~~~

と言っても、日々の作業に忙殺されて、全くもって以上のようなレベルには達していないのが現状です…(汗)

少しづつでも、確実に改善していきます!

それでは、また。

写真は、今月の出張展示会の様子。