石井宏治さんのプレート

今週末は、最高気温で3℃というウソのような気温になるらしく、今から少し不安です。
いや、関東でこんな事を言っていたら、もっと寒い場所に住まれている方に怒られてしまいますね…

ところで、先日の事なんですが、
以前の職場の同僚と、久しぶりに居酒屋に行きまして、いろいろと話をしました。

「こういったお店をやってるんだよね」

なんて、当店の話をしてみたりしたんですが、作家ものの作品や工芸品に対する一般的な人の感覚が、言葉にはうまく表せないんですが、少しズレがあるなあ。と思いました。

よくよく思い返してみると、自分が良いなと思うものは、雰囲気だったり、ディティールだったりすることが多くて、
それは、やっぱり自分から興味を持たないと身につく感覚ではないよなあ。とも思います。
まだまだ自分も勉強不足ですが…

最近は、益子陶器市のようなイベントに行ったり、雑誌の特集何かを見たりしていると、ちょっとしたブームを実感します。

技術の発達(SNSとか)で、作家さんと購入者さんの距離は縮まった。
なんてよく言われていますが、当たり前なんですけども、それは、うつわ好きの購入者さんだったりするわけで、そういった方はご自身で情報を得られる、リテラシーの高い方々ですよね。

そのような方はもちろん、自分個人としては、普段誰もが使えるものなので、もっともっと良い意味で、自然に作家さん等の作品が、購入の選択肢に入ってこれるような形がいいなあと思ってはいます。

プレゼントだったり、いつも使っていた器が割れてしまって、代わりに作家物にしようか、既製品にしようか。
という具合に、自然に選択肢に入ってくる感じ。

ブームではなく、定番に。

それは、とりあえずで買うという訳ではなく、少し高いけど購入して、長く、気持ちよく使おうかな。
という視点が必要になるので、すこし難しいのかとも思うんですが、今って、そういう下地が少しづつ出来てきていて、そして根付いているような気もします。

なんかこう、カジュアルという訳ではなく、もっと自然な感じで今のブームが発展するといいですよね。

偉そうに言っていますが、本当にすみません…汗。

それではまた。

写真は、石井宏治さんのプレート。