真工藝のぬいぐるみ達

紅葉が始まったかな…という頃、岐阜県は飛騨にある、真工藝さんのお店に伺ってきました。

今回が初訪問。

古民家がそのままお店になったような趣のある店内で、所狭しとぬいぐるみたちがディスプレイされていました。

少しだけお話も伺ったのですが、洗練されながらもかわいらしさのある、ぬいぐるみたちのデザインは、

『多分、デザイナーさんに任せてるのかな…』

なんて思ったりしていたのですが、なんと全てご家族で相談されながら制作されているそうです。

元は版画文化から始まった真工藝さんの歴史は、昭和47年から続き、(今は流石にプリントになっていますが)元は一枚一枚手刷りで作っていた版画皿から始まったそうです。

真工藝さんの版画皿

今もぬいぐるみの模様は、一個一個が手作業。

その手間の割には、とってもお手頃な値段に関しても聞いてみると、創業者である先代の、”民芸品は手頃であるべき”という意思があるそう。

「基本的には、デザインや制作をすべて自分たちでやっているので、その分お手軽に購入していただけるお値段に抑えられています」

という裏話も…笑。

また、ぬいぐるみの中に詰められている、(とても安心する良い匂いの)もみがらに関しては、”日本人は米を食べ続けるに違いない”という予想から決めたそう。

鮮やかさと、手作業のぬくもりのある、ぬいぐるみの魅力の理由が少しだけ理解できた訪問でした。

真工藝さんのぬいぐるみたち 真工藝さんのぬいぐるみたち 真工藝さんのぬいぐるみたち

鳥だけでも数多くの種類が

真工藝さんの鳥のぬいぐるみたち

初めて見る鳥もちらほら。

かわいいポチ袋

真工藝さんのポチ袋 真工藝さんのポチ袋

当店でもお取り扱いをお願いしようか思案中…。

特大うさぎ

真工藝さんの特大うさぎ

元は特注で制作したそうです。

真工藝さんの作品はこちら